引越しは余裕を持って

結婚、転勤、建て替え。様々なライフスタイルの変化で住居を移します。引越しはただ荷物をまとめて移動すればいいものではありません。旧居新居共に様々な手続きも済ませなければなりません。引越しが決まったらしなければいけない事を書き出して、手続き漏れが無い様にしましょう。引越しの時期によっては業者が忙しく希望が通りづらい場合があります。一般的に2月~4月は一番引越し業者が忙しい時期になるので、余裕を持ったスケジュールが大切です。余裕を持って複数の業者の見積もりを取れば、一番良いと思う会社を選ぶ事ができます。電気・ガス・水道・電話回線等のライフラインは旧居と新居で提供会社が異なる場合は解約、同じ場合は移動の手続きを行います。引越しシーズンは早めに手続きをしておかないと、使いたいのに使えなくて困る事にもなります。郵便局へは住所変更届けの他に転居届も出しておくと旧居に届いた郵便物を新居に転送してもらえるので便利です。市町村をまたぐ場合は、転出届・転入届、市町村内の転居は転居届を役所へ提出します。転出届は転居14日前から転居14日以内、転入・転居届は住み始めから14日以内と期限があり、これをすぎると罰則があるので注意しましょう。転入届けは転出届が無いと手続きできません。引越し先が遠方の場合、事前に引越し前に手続きを済ませておかないと大変です。子供の転校届など役所でできる手続きは、引越し前に同時に済ませましょう。運転免許証や銀行口座、クレジットカード、携帯電話なども早めの住所変更が望ましいです。

 

[引越しのコツ]
いざ引越しをする場合にはこちらのようは見積もりサイトを使うと安い業者が探せます ・・・ 引越し見積りサイト

 

 

サブコンテンツ